HOME > 会社案内 > 沿革

会社案内 | 沿革

沿革

旧大日本住友製薬株式会社 フード&スペシャリティ・プロダクツ部
1897年

大阪製薬株式会社設立

1898年

大日本製薬株式会社に改称

1915年

五倍子からタンニン酸を抽出し、没食子酸、ピロガロールを製造販売開始

1960年

特殊薬品部発足(大日本住友製薬フード&スペシャリティ・プロダクツ部の前身)
食品添加物事業を本格的に開始 保存料、酸味料等の有機酸類の製造販売開始

旧五協産業株式会社
1947年

日本五倍子統制株式会社の事業(五倍子の輸入販売)を承継して設立

1950年

大日本製薬(現大日本住友製薬)が株主となる

1951年

アラビアガムの輸入販売開始

1952年

オリーブ油の輸入販売開始

1958年

PVP(ポリビニルピロリドン)を取り扱い開始

1963年

大日本製薬(現大日本住友製薬)の系列会社となる。

     
1964年

「グリロイド®」(タマリンドシードガム) 製造販売開始

 
1964年

「グリロイド®」(タマリンドシードガム) 販売開始

1970年

ハイワックス(ポリエチレンワックス)を取り扱い開始

     
1971年

サンノー食品(現サンテグレ)設立 スープ・ブイヨン(畜産原料由来調味料)製品の製造販売開始

 
1971年

スープ・ブイヨン(畜産原料由来調味料)製品の販売開始

1972年

微粉ワックスの輸入販売開始

     
1974年

「エコーガム®」(キサンタンガム)販売開始

 
1974年

「エコーガム®」(キサンタンガム)販売開始

     
1986年

電子薬剤事業を開始

 
1983年

乳糖の輸入販売開始

     
1987年

化粧品原料(カチオン化グアーガム)を製造販売開始

 
1987年

化粧品原料(カチオン化グアーガム)を販売開始

     
1988年

「ケルコゲル®」(ジェランガム) 販売開始

 
1988年

「ケルコゲル®」(ジェランガム) 販売開始

     
2000年

サンノー食品(現サンテグレ) 新工場設立

2002年

ベタグロダイニッポンテクノ−エックス社設立(タイ国)

 
1990年

グルタミン酸ソーダ、シリカの輸入販売開始

     
2004年

医薬品添加物販売開始
東京テクノセンター(現東京オープンラボ)開設

2005年

住友製薬株式会社と合併し、大日本住友製薬株式会社となる。

 
2004年

医薬品添加物販売開始

     
2008年

高甘味度甘味料「ミラスィー®」(ネオテーム)販売開始

 
2008年

高甘味度甘味料「ミラスィー®」(ネオテーム)販売開始

2009年

大日本住友製薬の完全子会社(持株比率100%)となる。

2010年

DSP五協フード&ケミカル株式会社発足

SPECIAL CONTENTS DSP五協フード&ケミカル ルーツを紐解く

ページのトップに戻る